注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「大きくなぁれ」小学生が記念植樹 森林の働きも学ぶ 57年ぶり県内開催の全国植樹祭を前に/岡山・美作市

教育・保育・学校 植樹を行う大原小の4年生=岡山県美作市の大原小学校で
植樹を行う大原小の4年生=岡山県美作市の大原小学校で
         

 来年5月に岡山県内で57年ぶりに開かれる「全国植樹祭」を前に、大原小学校=岡山県美作市下町=で27日、地元の森林組合による木育授業と記念植樹が行われた。

 森林や林業の役割について学んでもらおうと、美作東備森林組合が開き、4年生22人が参加。加藤泰三組合長が、水を蓄えたり、土砂崩れを防いだりする森林の働きを説明した。続いてグラウンドで植樹を行い、県木のアカマツ、市木のウメのほか、クロガネモチの苗木3本を植えた。児童たちは「大きく育て」と願いを込めながら、丁寧に土をかぶせていた。

 加藤組合長は「子どもたちに古里の森林や木の大切さ、森を守る林業の仕事について関心を持ってもらいたい」と話していた。

森林や林業の役割について説明を受ける大原小の4年生=岡山県美作市の大原小学校で
森林や林業の役割について説明を受ける大原小の4年生=岡山県美作市の大原小学校で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG