注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

きょうは「大寒」 日本酒の”寒仕込み”最盛期 酒蔵に甘い香り漂う/岡山・津山市

二十四節気 冬の酒蔵で寒仕込みに励む杜氏
冬の酒蔵で寒仕込みに励む杜氏
         

 20日は二十四節気の「大寒」。1年で最も寒さが厳しいころとされるが、暖冬傾向が続いている。

 清酒「作州武蔵」などで知られる岡山県津山市一宮の難波酒造では、高級酒の寒仕込みが最盛期を迎えた。酒蔵に甘い香りが漂う中、杜氏(とうじ)が早朝から作業。適温に冷ました蒸し米を、水と麹(こうじ)、酵母が入った大型のタンクに送り込み、長柄の櫂(かい)を使って丹念にかき混ぜる。

 「冬は雑菌が少なく、低温で発酵させるため、きめの細かい最高品質の酒ができます」と難波秀之専務。2月23~25日には恒例の「蔵開き」を開催する。

蒸し米から立ち上る湯気
蒸し米から立ち上る湯気


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG