注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

そのままでも美味い「津山市久米地域特産ジャンボピーマン」ジャンピーの出荷始まる/岡山・津山市

経済・産業 初出荷へ収穫されるジャンボピーマン=6日、久米川南で
初出荷へ収穫されるジャンボピーマン=6日、久米川南で
         

 岡山県津山市久米地域特産、ジャンボピーマン「ジャンピー」の出荷が7日、中北下のJA晴れの国岡山久米選果場で始まった。11月までに13.5㌧の収量を見込む。

 今季は19戸の生産農家が計約50㌃で栽培しており、前日から収穫。大きいものは長さ20㌢、重さ250㌘と普通のピーマンの5倍以上あり、苦味が少ないため生食も好まれる。

 栽培を手掛けて15年になる三舩義明さん(73)=久米川南=は「順調に生育し、品質も良好」と話した。

 選果場には初出荷の約350㌔が持ち込まれ、目視で「秀」「優」「良」の等級に分け、コンベアに流して機械で2L〜Sの4サイズに選別。箱詰めして岡山市や広島県、大阪府の市場に出荷した。100㌘当たりの小売価格は90円〜150円で、道の駅・久米の里にも並ぶ。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG