注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ツバメ南国へ

自然 南国へ渡るのを前に、電線に集まったツバメ=岡山県津山市下田邑で
         

 電線に並ぶ■ツバメの音符■。燕(えん)尾もくっきり。南国へ渡る途中の羽休めだろうか。旅立つ姿が季節の移ろいを告げる。
 春風にのって3月ごろやってきたツバメは、人家などに営巣してせっせと子育て。すくすく成長し、巣からこぼれ落ちそうなほどに大きくなった雛たちは巣立ちを迎え、大空を自由に羽ばたいてさえずりを響かせた。
 周辺では黄金色に染まった稲穂が頭(こうべ)を垂れ、刈り取りが本格化している。豊かな実りを見届けて秋空へと一斉に飛び立った。また来年の春に―。


南国へ渡るのを前に、電線に集まったツバメ=岡山県津山市下田邑で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG