注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

テントサウナ 初の体験イベント

イベント 津山城を会場に初めて開かれたテントサウナの体験イベント
津山城を会場に初めて開かれたテントサウナの体験イベント
         

 テントサウナを活用して地域の魅力を発信しようと、ものづくり企業を中心に結成した岡山県津山市のグループが17日、初の体験イベントを山下の津山城(鶴山公園)で開いた。訪れた人たちは新緑が芽吹く城からの眺めとともに、心と体の”メンテナンス”を楽しんだ。今後も毎月開催していく。
 鉄工や木工、建築業者らで立ち上げた国産テントサウナブランド「MIMASAKA 
SAUNA」。それぞれの専門分野の知識と技術を生かし、試行錯誤を重ねて完成。簡単な組み立てとトランクに収まるコンパクトな設計で、2人で15分ほどで準備できる優れ物だ。最大6人が入ることができる。
 観光客の呼び込みや地域の盛り上げを図ろうと、イベントを企画。晴天の下、三の丸つるまる広場に2基を設置した。訪れた人たちはまきストーブを囲み、談笑しながら汗を流して和やかな時を満喫。参加した市内の会社員男性(38)は「テントサウナは初めて。ロケーションが最高だし、とても気持ちいい」とリフレッシュした様子で話していた。
 次回は5月15日、奥津川ラビンの里(奥津川)で開く予定。美容師・瀬島佳子代表らメンバーたちは「地域の豊かな自然やものづくり技術をアピールしながら、交流人口の増加などにつなげていきたい」としている。


津山城を会場に初めて開かれたテントサウナの体験イベント


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG