注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ハマギク

自然 ハマギク
         

 加茂町小中原の河本好隆さん(66)宅で、真っ白なハマギクが見ごろを迎え、地域の人たちの心を和ませている。
 関東北部から東北地方の太平洋岸に自生するキク科の多年草。5年ほど前に知人から種をもらい、自宅のフェンス沿いに植えたところ根づき、毎年花を咲かせている。
 ハマギクは東日本大震災の復興の象徴にもなっている。当時の天皇皇后両陛下が震災前、岩手県大槌町のホテルに宿泊し、海岸に咲いたハマギクを観賞された。ホテルは津波で壊滅的な被害を受けたが、その後、「三陸花ホテルはまぎく」として再開を果たした。また、両陛下は贈られた種を大切に育てられたというエピソードもある。
 河本さんは「悲しいことがあっても、人々を励まし、勇気づけてくれる花。栽培したい人には苗を譲ります」と話している。


河本さん宅で咲くハマギク


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG