注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

飛躍への願い込め 辰年で「龍」描いた御朱印制作 ヒノキの紙で200枚限定/岡山・津山市

祭事・神事・法要 高野神社が作った辰年限定の御朱印
高野神社が作った辰年限定の御朱印=岡山県津山市で
         

 2024年の辰(たつ)年を迎えるのを前に、岡山県津山市にある美作国二宮の高野神社は、境内にある末社・龍神社の御朱印を作った。朱色で力強く表現した龍の絵に新年の飛躍への願いを込めた。

 「高野神社」と「龍神社」の2種類。精緻な龍の絵は、同市草加部の彫刻家・山根幸嶺さんが手がけた。御朱印紙はヒノキでできた紙を使っており、木の香りとぬくもりが感じられる。紙は、来年県内で57年ぶりに全国植樹祭が開かれることから、同市の院庄林業から神社に提供された。

 神社の境内にある龍神社は、1770年の大干ばつの際、津山藩主の命によって建立。災害や疫病を鎮めるための祈願が行われるなど、人々の信仰を集めてきた。

 河原仁司宮司は「新たな年が災い無く、幸せにあふれ、飛躍の年となるよう願いたい」と話している。

 200枚限定で作製し、元日午前0時から同神社で授与する。初穂料は1枚800円。

高野神社が作った辰年限定の御朱印
高野神社が作った辰年限定の御朱印


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG