注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ヒマワリ3000本が見ごろ

自然 風で倒れたヒマワリを起こす小川さん一家
風で倒れたヒマワリを起こす小川さん一家
         

 総社の神楽尾山麓にある小川稔さん(54)方の畑で、約3000本のヒマワリが咲き競い、残暑の青空を彩っている。11日は台風9号の強風で倒れたヒマワリを家族総出で起こした。見ごろはお盆のころまで。
 昨年に続いて2回目。約8㌃の耕作放棄地を活用し、6月初旬に種をまいた。8月初旬ごろから花が咲き始め、1週間ほどで満開になり、黄色いじゅうたんが広がった。
 母親の浩子さん(80)は「昨年多くの方に喜んでいただいたので、今年もやった。暑い中ヒマワリが咲くと元気が出る。種を採って、来年もやりたいですね」と話していた。
写真
台風で倒れたヒマワリを起こす小川さん一家


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG