注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

地域唯一の銀行が移転 住民から惜しむ声も 出張所としては維持/岡山・津山市

経済・産業 中国銀行加茂特別出張所として再スタート=
中国銀行加茂特別出張所として再スタート=岡山県津山市加茂町塔中にて
         

 中国銀行加茂支店(岡山県津山市加茂町塔中)は3日から、店舗ネットワークの再編で、津山東支店(同市川崎)に移転・統合する。加茂支店には加茂特別出張所を設置して週に3日、窓口業務を行う。加茂・阿波地域唯一の銀行の支店の編入に地域住民からは惜しむ声が相次いだ。

 移転・統合にあたり支店名や口座に変更はない。窓口営業日は月、水、金曜日で時間は午前10時〜11時半、午後12時半〜2時。100万円以上の現金の引き出しや50枚以上の両替などはできない。

 延崎悠営業統括部次長は「金融サービスの維持を考えてこの形にした。ご不便をお掛けするが、ご愛顧を賜りますようお願いしたい」としている。

 支店として最後の営業日となった30日に来店していた地元の60代男性は「地域唯一の銀行であり、とてもさびしい。出張所としてのこるだけでもありがたい」と話していた。

 中国銀行加茂支店は妹尾銀行加茂支店として設立(設立年月日は不明)。1922(大正11)年に第一合同銀行加茂出張所に。1930(昭和5)年に合併により中国銀行楢支店加茂出張所としてスタートした。

 また、江見支店(美作市江見)も3日から、林野支店(同市入田)に移転・統合し、江見特別出張所として火、木曜日に窓口業務を行う。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG