注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

中学生率直な思いを語る 「津山っ子こころのふれあいトーク」 日常の気づきや社会問題をテーマに/岡山・津山市

教育・保育・学校 率直な思いを発表する中学生=岡山県津山市で
率直な思いを発表する中学生=岡山県津山市で
         

 「津山っ子こころのふれあいトーク」(津山っ子を守り育てる市民の会主催)が2日、岡山県津山市の市総合福祉会館で開かれ、市内9中学校の生徒18人が学校生活での気づきや社会問題などをテーマに率直な思いを語った。

 同会や市連合町内会、中学校関係者らを前に戦争や人権問題、将来の夢などを演題に発表した。 

 津山中2年の小坂智子さんは「超高齢化社会を向かえる前に」をテーマに、家で一緒に暮らす祖母とのエピソードを挙げ、「体調の面で配慮しなければならないこともあるが、古い習わしや礼儀作法、思いやりの大切さなど多くのことを学んだ。高齢者が暮らしやすい社会になれば、社会全体が良くなる」と訴えた。

 また、中道中1年の坂本あかりさんは「自分がSNSで気をつけること」と題し、「だれでも気軽に発信できるツールとして便利な反面、良くない言葉もすぐに拡散されてしまう。人を傷つけない正しい使い方をしたい」と語った。来場者は真剣な表情で耳を傾け、発表後には堂々とした話しぶりに感心する声や質問が寄せられた。

津山っ子こころのふれあいトークは、大人が中学生の考えや価値観を理解する狙いで毎年開催し、24回目。

生徒の声に耳を傾ける来場者
生徒の声に耳を傾ける来場者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG