注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

二十四節気「立春」 フキノトウが顔を出し始め 「春を待ちきれない」と言わんばかり/岡山・津山市

二十四節気 初々しい若緑色のフキノトウ
初々しい若緑色のフキノトウ
         

 あす4日は、暦の上では冬が極まり、春の気配が立ち始めるとされる「立春」。岡山県津山市の今朝の最低気温は0.7度と平年より2度ほど高く、寒気の影響でおおむねくもっている。

 小田中の丘陵地、通称「山畑」ではフキノトウが顔を出し始めた。市内でも真っ先に見られる南向きの斜面で、陽光が降り注ぐ野原に点々と“春模様”を描く。みずみずしく膨らんだ若緑色のつぼみは「春を待ちきれない」と言わんばかり。

 岡山地方気象台によると、明日は気圧の谷や湿った空気の影響でおおむねくもり、明け方まで雪や雨が降る見込み。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG