注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

藩主「森家」ゆかりの地へ 京都の寺院で墓所など巡り 「語る会」が学び深める旅/岡山・津山市

歴史・文化 大徳寺三玄院前で
研修旅行で京都に赴いた「森藩時代を語る会」=京都市の大徳寺三玄院前で
         

 岡山県津山市の妙願寺を拠点に活動している「森藩時代を語る会」(髙山科子会長)はこのほど、京都方面で1泊2日の研修旅行を行い、森家ゆかりの地を訪ねた。

 森順正住職を含め19人が参加。はじめに、京都で逝去した初代津山藩主・森忠政が埋葬されている大徳寺三玄院を訪れ、森家との縁から通常は拝観できない墓所に三玄院住職の案内でお参りした。続いて、織田信長・信忠の墓所、森蘭丸、坊丸、力丸の三兄弟や家臣の墓がある阿弥陀寺へ。ここでも特別に信長の位牌(いはい)とともに並べられた森三兄弟の立派な位牌を拝観した。

 2日目は、忠政の父・可成の墓所がある聖衆来迎寺に続き、本能寺と元本能寺跡を訪問。本能寺大宝殿宝物館の館長から、展示物の詳細な説明を受けて歴史を学び、研修を終えた。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG