注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

作楽神社 女院祭

祭事・神事・法要
         

 神戸の作楽神社で3日、隠岐に流される後鳥羽上皇(1180〜1239年)のお供をし、この地で病没した寵妃(ちょうひ)にちなむ「女院祭」が開かれ、参列した女性たちの健康などを祈願した。
 昨年の没後800年慰霊祭に続いて2回目。同神社敬神婦人会が主催し、約40人が参加した。駐車場わきにある女院塚の前で、小坂博通宮司代行が祝詞を奏上して慰霊し、女性たちの安全やコロナの収束などを願った。続いて、同婦人会の小澤縫子会長が玉ぐしをささげた。
 拝殿での祈願に続いて、妹山律子さんの琴による「児島高徳」「忠義桜」などの演奏、立垣明子さんと山田美栄子さんによる詩吟も披露された。参加者は作楽神社の歴史を感じながら声を合わせて歌った。地元の女性(87)は「晴れた空の下で慰霊ができ、私たちもおかげをいただいた気がする。1年間元気に暮らしたい」と話していた。
 女院塚は、1221年の承久の乱で敗北した上皇が隠岐に流される途中、病気で亡くなった寵妃を同所から500?北東の場所に葬った。「女院ぐろ」として田んぼの中にあったが、1996年に碑が建てられ、2002年に現在の場所に移して祭られている。


女院塚で慰霊する女性たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG