注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

小学生将棋で県初優勝 メンバー悩むきょうだいに級友協力 高め合い「全国優勝を」/岡山・美咲町

教育・保育・学校 (右から)安藤君、史織さん、優芯君、森川さん
(右から)安藤君、史織さん、蒼介君、森川さん=岡山県美咲町で
         

 「文部科学大臣杯第19回小・中学校将棋団体戦」(日本将棋連盟など主催)の岡山県大会・小学校の部で旭学園(同県美咲町西川)が初優勝した。県代表として出場する西日本大会(7月25日、東京都)に向けて互いに切磋琢磨(せっさたくま)しながら練習に励んでいる。

 

 メンバーは土山蒼介君(6年)、安藤優芯君(同)、土山史織さん(4年)。中央公民館などで津山キッズ将棋教室を主宰する森川邦夫さん(66)から毎週指導を受け、腕を磨く。


 蒼介君と史織さんはきょうだいで、幼いころから数々の大会で入賞経験がある実力者。大会は同じ学校の3人でチームを組むため、メンバー集めに苦戦していたが、クラスメイトの安藤君が快く引き受けてくれたという。自宅で一緒に練習を重ね、県大会は全て2―1で粘り勝ちし、全国大会への切符をつかんだ。

 

 3人は「緊張したけれど力を合わせて優勝できたことがうれしい」と話す。西日本大会に向けて「基本を大切にして勝利につなげたい」と安藤君。蒼介君は「最後まであきらめずに粘り勝ちしたい」、史織さんは「全国優勝を目指して頑張る」と意気込みを語った。


 森川さんは「3人で高め合っている姿がとても頼もしい。悔いの残らないよう対局を楽しんでほしい」と話している。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG