注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

観光客が増加傾向 コロナ禍前の水準に回復 全国旅行支援も後押しか/岡山

経済・産業 津山朝日新聞社
         

 岡山県がまとめた2月の県内主要観光施設30カ所の利用者調査によると、全体では36万346人で、新型コロナウイルス流行「第8波」が収束に向かい、前年同月に比べて55・3%増え、11カ月連続で前年実績を上回った。

 3県民局(備前、備中、美作)管内ごとに月別利用者数を集計。ウイズコロナの社会経済活動が本格化し、全国旅行支援「おかやまハレ旅応援割」の継続も後押しした。

 美作県民局エリアの10施設は6万2477人で前年同月比43・8%増。このうち津山城(同県津山市山下)は2745人と前年同月比70・6%増、津山まなびの鉄道館(同市大谷)は2283人で前年同月比43・4%増、道の駅・奥津温泉(同県鏡野町奥津)は5216人で前年同月比17・5%増など。

 一方、備前県民局エリアの10施設は12万9806人で前年同月比105・5%増と大幅に伸びた。備中県民局エリアは16万8063人で、前年同月比34・0%増だった。

 同時に調査しているホテルや旅館の利用状況では、任意に選んだ39施設の宿泊者数は前年同月比67・7%増でほぼコロナ禍前の水準に回復。

 県観光課では「感染状況が落ち着いてきた中、国内需要を喚起するとともに今後、インバウンド(訪日客)の取り込みも力を入れて観光復興につなげていきたい」としている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG