注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

八木芙佐子さん オリジナルの童謡CD

教育・保育・学校 童謡曲集「こころはひとつ」を作った岡山県津山市の八木さん
         

 前岡山県津山市文化連盟会長の八木芙佐子さん(82)=小田中=は、自身が作詩したオリジナルの童謡曲を収録したCD「こころはひとつ」を作った。子どもたちが童謡に親しみ、心豊かに育ってほしいと、市内の保育園、幼稚園、認定こども園33園に寄贈する。
 八木さんは「童謡 
とっくんこの会」の会員として長年、童謡詩を書いてきた。「あめふり」「紙ひこうき」「おふろ」「野原いっぱい」など、自然や親子のつながりを題材にした作品を詠んでいる。
 会のメンバーの高月啓充さんらが詩に曲をつけ、津山市在住の大島良子さん(ソプラノ)が歌い、安藤毬衣さんがピアノを担当。心温まる詩に、やわらかな曲調と澄んだ歌声が調和している。20曲収録し、ジャケットには八木さんのクレイアート作品を載せた。
 6日に山北の津山・すこやか・こどもセンターで贈呈式が行われ、八木さんが飯田早苗こども保健部長にCDを手渡した。飯田部長は「温かい思いのこもった童謡曲集をありがとうございます。津山の子どもたち、保護者にも聴いてもらいたい」とお礼を述べた。
 八木さんは「子どもたちのために日本の美しい言葉、情景を残したいと思い、童謡詩を書いてきた。日本の心を歌った童謡を情操教育に役立ててもらい、健やかに育ってほしい」と話している。
 CDは公立、私立の全園に1枚ずつ配られる。


童謡曲集「こころはひとつ」を作った八木さん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG