注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

”十二支の大絵馬”披露 12年かけ全ての干支が揃う 「開運招福祈念して」/岡山・奈義町 

祭事・神事・法要 吉野神社にお目見えした辰の大絵馬
吉野神社にお目見えした辰の大絵馬
         

 岡山県勝田郡奈義町の吉野神社に3日、来年の干支(えと)・辰(たつ)をはじめ、十二支の大絵馬がお目見えした。

 大絵馬はいずれもベニヤ板製で縦0.9メートル、横1.4メートル。2011年から氏子の絵画愛好家らの作品が奉納され、十二支がすべてそろったことから今回、拝殿の回廊に並べて設置した。辰の作は、同所の岡部克己さん(93)が12年前に手掛け、雄々しい竜と縁起物の松竹梅が描かれている。

 この日は披露奉告祭があり、神社総代や地区役員ら11人が参加。神事の後、髙山命之宮司(67)は「多くの方に参拝してもらおうと続けてきた取り組み。氏子7人による作風も個性的な絵馬を見ていただき、開運招福を祈念してほしい」と話した。来年2月中旬まで飾られる。

十二支そろった大絵馬に見入る神社関係者
十二支そろった大絵馬に見入る神社関係者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG