注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

台風7号被害状況 ライフラインや交通への影響多数/岡山

天候・災害
         

 台風7号は15日夕、岡山県に最接近し、局地的な激しい雨に見舞われた県北部では、ライフラインや交通への影響が出た。

 岡山地方気象台によると、鏡野町恩原では1時間の降水量が1981年の統計開始以来最多の71・5ミリを観測。降り始めの14日午後9時から15日午後11時までの降水量は531・5ミリに達し、平年の8月の月降水量の2倍を超える記録的な大雨となった。

 恩原近くの地区では、道路のアスファルトがはがれて損壊したり、岩や土砂が水田に流入したりする被害が出た。

 津山市災害警戒本部によると、加茂、阿波地域の1919世帯4060人に避難指示が発令された。阿波では床下浸水が1件発生したほか、11戸で断水したが全戸仮復旧が完了した。加茂町倉見の市道西原線では延長6〜10メートル、幅2メートルにわたって道路が陥没した。

 県によると、鏡野町長藤の2棟で床下浸水が発生した。同町の822世帯1592人に避難指示、真庭市では1万7506世帯4万2102人に高齢者等避難が発令された。
 岡山地方気象台によると、奈義町では29メートルの最大瞬間風速を観測した。

増水した加茂川(津山市三浦付近)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG