注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

地元食材で「月一ランチ」 学生らが提供「商店街の盛り上げに」 「クオリティー高い」/岡山・津山市

教育・保育・学校 好評だった美作大学調理師会による初の「月一ランチ」
好評だった美作大学調理師会による初の「月一ランチ」=岡山県津山市で
         

 美作学園が岡山県津山市京町のソシオ一番街で運営する「みまっぱぷらざ」で、美作大学の学生サークルによる取り組み「月一ランチ」が始まった。店を月に一度の”レストラン”にして、地元産食材を使ったオリジナルランチを提供。学生たちは「商店街の活性化につなげたい」と張り切っている。

 

 調理師免許を持つ食物学科の学生でつくる「美作大学調理師会」が実施。会には津山東高校食物調理科の卒業生をはじめ、料理コンテストで受賞歴を持つ学生が所属しており、地域イベントなどに出店して「食の魅力」を発信している。


 このほど開かれた第1回は「洋食」がテーマ。事前予約した38人が来店し、学生7人が調理や接客を行った。テーブルに並んだ料理は「オムライスと津山産そずり肉のハンバーグプレート」(1300円)。昨年の「ご当地タニタごはんコンテスト」全国大会グランプリなどの実績がある3年の牧原直太朗代表(20)が考案した。特にハンバーグは肉の割合にこだわり、何度も試作を重ねたという。

 

 席に着いた人たちは、見た目も華やかな料理を味わい「おいしくて食べごたえがある」「クオリティーが高い」と笑顔で話し、コーヒー研究会サークルのコーヒーも楽しんだ。牧原さんは「学生のスキルアップにもつながる。今後も地元の食材を使った安心安全な料理を提供し、商店街の盛り上げに一役買いたい」と語った。


 次回は5月20日を予定しており、テーマは「和食」。予約受付は大学ホームページに掲載する。

提供された「オムライスと津山産そずり肉ハンバーグプレート」


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG