注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

国名勝・衆楽園で池のスイレンが見ごろ迎える/岡山・津山市

自然
         

 新型コロナウイルス感染拡大による臨時休園を終えて1日に開園した岡山県津山市山北の国名勝・衆楽園で、池のスイレンが見ごろを迎えた。癒やされる身近な名所の再開に、市民から喜びの声が上がった。
 初夏のまぶしい陽光が降り注ぐ中、水面に純白の花々がぷかぷかと浮く涼しげな光景が広がっている。休園中の5月中旬に開花。7月上旬ごろまで楽しめる。今年は、茎がおごっていたため再開前に間引いたという。
 散策する人たちは、木陰にあるベンチや中島に渡る橋などから観賞していた。
 夫と友人と訪れた津山市志戸部の難波由美子さん(74)は、5月に2回来たが、門が閉まっているのを目にして残念に思ったという。この日は、ベンチに座り持参した弁当を広げた。「開くのが楽しみだった。家にいることが多かったので外での食事は最高の気分。スイレンを見ると穏やかな気持ちなります」と話した。
 市観光協会は「四季を通じて散策できる野外施設として、待ちわびた人も多かったはず。再開できてほっとしている。来られる際は感染予防策をお願いしたい」としている。
P
水面で純白の花を咲かせるスイレン=2日午後0時35分


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG