注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

国際ロータリー第2690地区(鳥取・島根・岡山)地区大会

経済・産業
         

 国際ロータリー第2690地区(鳥取・島根・岡山)地区大会が1、2の両日、山北の津山総合体育館などであり、65クラブの約2200人が活動の情報交換を行い、交流を深めた。
 津山市での開催は11年振り。津山ロータリークラブ(RC)がホストクラブ、美作、真庭、津山西、津山中央RCがコ・ホストクラブを務めた。
 2日の本会議ではホストクラブの神崎信輔会長が「地区スローガンの『ロータリーの素晴らしさを体感しよう』にのっとり、友情を深め合い、実り大き大会になることを祈念しています」と歓迎の言葉を述べた。友末誠夫地区ガバナー(津山RC)が「国際ロータリーのテーマ『イマジンロータリー』は、100年以上の歴史を掘り起こし、次の100年を築く新しい活動の創造を示俊している。地域の新しい奉仕活動を創造していきたい」とあいさつ。谷口圭三市長ら来賓が祝辞を述べ、功労者表彰を行った。
 記念講演では「城博士」こと城郭考古学者の千田嘉博奈良大教授が「城郭考古学の冒険〜鳥取・島根・岡山の城の魅力と城歩きの密かな楽しみ」と題して話した。津山城について「本丸より上位に独立した天守があった。織田信長が最後につくった安土城に原型をみることができる」と指摘。そのうえで「豊臣秀吉の大坂城、徳川家康の駿府城も同じ考えのもとに建てられており、天下人の城を受け継いだ、日本のお城で最も発達した姿を持っていた」と述べた。
 また地区指導者育成セミナーやガバナー補佐・会長・幹事会、つやま自然のふしぎ館見学、エクスカーション奈義町現代美術館探訪、大懇親会などがあった。
 記念事業として、津山市出身の絵本作家・といよしひこさんによる、津山、鳥取、松江城を紹介する『お城おもしろ物語』を制作。地区内の小学校約700校の図書館に贈る。
写真
あいさつする友末地区ガバナー


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG