注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「給食の麺」に通年で地場産小麦 子どもたちの「おいしい」受け 地産地消とブランド向上狙い/岡山・津山市

教育・保育・学校 津山産の小麦粉を使ったソフト麺を取り入れた学校給食
津山産の小麦粉を使ったソフト麺を取り入れた学校給食
         

 岡山県津山市はこのほど、地場産小麦粉を使った学校給食用の麺類を通年で提供していくと発表した。全ての麺を地場産でまかなうのは全国の自治体でも珍しく、来年度は麺以外の献立にも展開していく。

 津山産小麦の薄力粉「ふくほのか」、強力粉「せときらら」をブレンドした中華麺、ソフト麺、うどんの3種類。地産地消の推進、ブランド力の向上を狙い、2023年度2学期から小中学校35校で週に1度の麺の日に配食していたが、子どもたちからも「おいしい」と好評だったこともあり、継続を決めた。

 定例会見で谷口圭三市長は「地域の食や農業に関する理解が深まり、生産者の意欲向上につながると考えている」と述べた。新年度当初予算案に事業費657万円を盛り込んだ。

 学校給食での津山産小麦の消費量は、本年度が約18トン、来年度は約27トンとなる見込み。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG