注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

坂手和子さん・B’zは私の生きがい

おかえり稲葉さん デビュー当時から応援し、津山公演を心待ちにする坂手さん
デビュー当時から応援し、津山公演を心待ちにする坂手さん
         

B’z凱旋コンサートに思いを寄せて|おかえり稲葉さん2017

 「地元公演が実現するとは夢にも思わなかった。いつもライブで見せてくれる松っちゃん(ギタリスト・松本孝弘さん)とのハイタッチ、肩を組む場面などを間近で見られると思うと待ち遠しい」
 コンサートチケットを手に入れた主婦の坂手和子さん(66)=高尾=にとっては、ここ津山に、同じ地元出身者の稲葉浩志さんがアーティストとして戻ってくることに格別の思いがある。約30年前のデビュー間もないころから、東京や横浜のコンサート会場に足を運んできた熱狂的ファンの一人だ。
 B’zとの出会いは、仕事で住んでいた東京のCDショップに立ち寄った時のこと。若手ミュージシャンにはまっていた坂手さんは、借りようとした氷室京介さんのCDの横に並んだファーストアルバムが目に飛び込み、試しにレンタル。デビューシングル「だからその手を離して」(昭和63年)など、どの楽曲も心にスッと入り込んできたといい、それから出勤時や仕事の休憩中、入浴の時間でさえもイヤホンをつけて聴き浸る日々を送った。
 「それ以来、今日までB’zしか好きになったことがない。全ての曲にメッセージが込められ、励まし和まされてきた。彼らは私にとっての生きがい」
 稲葉さんが津山、しかも同じ津山高校の出身と知ったのはCDを借りて約1年後。B’zに陶酔しきった坂手さんにとってはまさに「衝撃の事実」で、気が付いたころには音楽の域を超えて心から離れなくなっていた。5年前に夫婦で帰郷するまで盆、正月と、東京から里帰りするたび欠かさず稲葉さんの実家「イナバ化粧品店」(川崎)に向かい、母・邦子さんらと親交を深めてきたという。
 出来る限り稲葉さんの存在を近くに感じていたい―。長年強い思いを寄せてきたファンの一人に、幻(まぼろし)とされてきた地元公演はこう映っている。「津山に絶対何かを残してくれるはず。おかえり! 決心してくれてありがとう」。

デビュー当時から応援し、津山公演を心待ちにする坂手さん
デビュー当時から応援し、津山公演を心待ちにする坂手さん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG