注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

“天からの赤い花” 河沿いに咲くヒガンバナは 秋のおとずれ/岡山・真庭市

二十四節気 彼岸花の群生にカメラを構える男性=2023年9月23日午前8時6分、岡山県真庭市古見で
彼岸花の群生にカメラを構える男性=2023年9月23日午前8時6分、岡山県真庭市古見で
         

 23日は、二十四節気の「秋分」。昼夜の長さがほぼ同じになり、これを境に日ごと昼は短くなって秋の夜長へと向かう。彼岸の中日でもある。

 旭川沿いにある岡山県真庭市古見の川東公園では、地面を埋め尽くすほど、自然群生しているヒガンバナを見ようと早朝から多くの人が訪れ、持参したカメラや携帯電話で撮影を行っていた。

 別名の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は、サンスクリット語で「天界に咲く花」を意味し、おめでたいことがおこる兆しに、天から赤い花が降ってくるという仏教の経典から来ている。まだ、つぼみのものもあり、見ごろは続く。

彼岸花の群生に見入る人=2023年9月23日午前9時45分
彼岸花の群生に見入る女性=2023年9月23日午前9時9分、岡山県真庭市古見で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG