注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

奈義町 オートキャンプ場整備構想

教育・保育・学校
         

 奈義町は、町営施設の那岐山麓山の駅(同町高円)周辺に大規模なオートキャンプ場の整備を構想し、具体化の可能性を探る中で町民意見の集約を進めている。
 町が先月の広報紙に掲載した構想では、山の駅に隣接する農地など約3ヘクタルにテントサイト89区画を整備し、トイレや浴室などを備えた施設、キャンプ用品の販売や貸し出しをする施設を建設。アウトドアメーカー・スノーピーク(新潟県)関連のコンサルタント会社に昨年度、現地調査を依頼した結果、自然景観と京阪神からのアクセスの良好さから年間1万8000人程度の利用が見込まれ、山の駅などと合わせた経済波及効果は年間1億4000万円と試算された。
 事業費は少なくとも約4億7000万円かかるが、国の交付金と過疎債を活用すれば、町費の負担は15%程度に抑えられるという。基本設計、実施設計、整備完了に至るまでには最低でも3年間を要する見込み。
 今春から数回、地元や町内全体などで説明会を開いて町民の意見を聞く中、賛成意見の一方、ごみや騒音、財政ひっ迫などを懸念する反対の声もある。
 山の駅近くに住む女性(74)は「家族連れらでにぎわい、周辺の農家が野菜を供給できる。今でも騒音はあるし、マナーさえしっかり管理できればいいと思う。地元の高円地区で反対意見は少ない」。町内の自営業男性(66)は「アウトドアブームもあり、にぎわいや経済効果につながると思うが、中学校建て替えなど大型事業が進む中、無駄遣いをするなという年配者らもいる」と話した。
 奥正親町長は「観光施設でありメリット、デメリットもあると思う。まだ具体的な計画には至っておらず、町民意見を集約した上で慎重に判断したい」としている。

奈義町が整備を構想しているオートキャンプ場のイメージ図

整備の候補地としている山の駅の隣接地


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG