注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

官民一体で観光客誘致を 「鏡野観光局」スタート 温泉や名勝などの資源生かし/岡山・鏡野町

経済・産業
鏡野観光局の設立総会=岡山県鏡野町で
         

 岡山県鏡野町の観光のかじ取り役を担う法人組織「鏡野観光局」が12日、設立された。観光地域づくり法人(DMO)として7月1日に事業をスタートさせるとともに、候補法人として観光庁に登録申請する。観光資源の開発や観光客誘致などに官民一体となって取り組む。

 

 一体的な観光推進体制を整備し、観光産業による地域活性化、地域経済の発展につなげる目的。町商工会や奥津温泉旅館組合、作州かがみの森林組合などの団体、観光事業者、個人会員で組織する。

 

 設立総会が同町井坂の奥津振興センターであり、関係者や来賓約40人が出席。誘客に向けた受け入れ体制の整備やプロモーション、関係人口を拡大するファンの創出、観光商品の開発・販売などの事業案を承認した。

 

 続く理事会では、会長に山田満生氏(33)=山田養蜂場専務=を選出。山田会長は「コロナ禍からの人流回復の時流に乗って、自然や食などをアピールし、町の活性化に貢献していきたい」と決意を述べた。

 

 同町は美作三湯の一つに数えられる奥津温泉、国名勝・奥津渓、県立森林公園、高清水トレイルなど豊富な観光資源を有する。2022年度の観光客数は約80万人。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG