注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

宮本武蔵をまつる神社で 稽古を共にした竹刀に感謝 「二天一流」の演武も/岡山・美作市

歴史・文化 炎を上げて燃える竹刀
炎を上げて燃える竹刀=2024年2月18日午前10時40分、武蔵神社で
         

 剣豪宮本武蔵をまつる武蔵神社=岡山県美作市宮本=で18日、稽古などで傷んだ竹刀に感謝し、お焚き上げをする祭が開かれた。

 武蔵神社奉賛会や子ども剣士ら、約30人が出席。神事の後、子ども剣士や千原一夫さんらによる「二天一流」の演武が行われ、境内の結界に置かれた竹刀の束に火入れ。激しく燃え上がり、集まった約300本が順に炎に包まれていった。平尾正倫会長(71)は「今年は子どもも、大人も演武をしていただくことができた。これからも感謝祭を続けていきたい」と話した。

 感謝祭は2016年から企画され、年に一度、二月の第三日曜日に開催。境内には、竹刀を納める箱が常時設置されている。

千原一夫さん(左)らによる「二天一流」の演武
千原一夫さん(左)らによる「二天一流」の演武
子ども剣士の演武
子ども剣士の演武
燃える竹刀
燃える竹刀


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG