注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山県内でデルタ株感染者

医療・福祉 新型コロナ陽性者数
         

 岡山県は8日、これまで公表済みの新型コロナウイルス感染者2人から検出された「L452R変異株」について、県環境保健センターでゲノム解析した結果、インド由来のデルタ株であることが判明したと発表した。県内でのデルタ株感染の確認は初めて。
 県によると、感染者2人は同じ職場の同僚。食事を共にしていたことが分かっており、発症時期は6月下旬と7月上旬。いずれも軽症という。現在は不特定多数との接触がない状態として年代性別、居住市町村、病状も非公表としている。
 デルタ株については、従来株に比べて感染力が強いことなどが指摘されており、都市部では従来株、アルファ株に代わって感染者が増加傾向にある。
 県新型コロナウイルス感染症対策室では「個々の対策については従来と同様ながら、会食時には黙食し、しゃべる際にはマスクを着用するなど、より徹底してほしい」としている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG