注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山県津山市文化協会、西東三鬼のふるさと俳句投句函の令和2年4月選考文の入選作を発表

歴史・文化
         

 岡山県津山市文化協会は、西東三鬼のふるさと俳句投句函の令和2年4月選考文の入選作計16句を発表した。
 同協会は平成6年から鶴山公園や衆楽園など市内7カ所に投句函を設置し、年3回入賞者を選考。今回は284句の投句があった。
 入賞者と作品は次の通り。(敬称略)
 【特選】▽津山市、岡田邦男「椅子はみな桜に向いて無人駅」▽津山市、井手正子「曲水の流れをつくる花一片」
 【一般の部】▽岡山県苫田郡鏡野町、藤田明子「できたての春風まとい絵画展」▽津山市、妹尾武志「水に指潜らせてゐる春日和」▽岡山県岡山市、花房典子「寅さんのロケ地の小路水温む」▽岡山市、藤原由美子「嬰の足しきりに動き桜まじ」▽兵庫県、吉田笹百美「春らんまん作州織の御城印」▽岡山市、岩田志乃「石段の大きく欠ける花吹雪」▽広島県、山本憲治「ちるさくら蕾のさくらありにけり」▽鏡野町、西村泉「春暮るる騒乱の世へ鳶の笛」▽鏡野町、髙原喜久子「水無月の小さな旅や女院塚」
 【ジュニアの部】▽岡山市、いそしましんきち(6)「おしろやままたのぼりたいなさくらみに」▽島根県、原田悠人(8)「岡山は水がきれいださわりたい」▽広島県、石川かける(9)「ひらひらと風にまいちるさくらかな▽岡山県倉敷市、水津一二三だん(10)「一二三だん桜ちりばめ春景色」▽津山市、吉田葵生(10)「かたつむりあじさいのうえぬるぬると」


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG