注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山県立全日制50校 平均競争倍率1.10倍 第1次進学希望調査

教育・保育・学校 津山朝日新聞社
         

 岡山県教委は2022年12月15日、来春の県内中学校卒業見込み者の第1次進学希望調査(2022年12月1日現在)を発表した。県立全日制50校の平均競争率は1・10倍で、前年同期と同じ。
 県立全日制50校119科4コースのうち、定員割れは29校49科1コース。美作地方9校(岡山御津を含む)の学科別では、津山東食物調理1・50倍、津山工業デザイン1・48倍、津山東普通1・44倍、津山1・13倍、真庭食農生産1・13倍など5校9科が1倍以上。一方、6校10科で定員を下回った。
 特別入試の平均競争率は1・46倍(前年同期1・90倍)で、専門学科と総合学科の募集枠上限引き上げに伴い大幅に下がった。美作地方9校では林野普通2・44倍、勝山普通2・21倍、津山工業デザイン2・07倍が2倍以上となっている。
 卒業見込み者は1万7239人(前年同期比75人増)で、進学希望者は1万7057人(同40人増)。このうち県内の県立全日制が1万1933人で前年同期比6人増、私立全日制は2936人で同77人減となっている。
 県教委では「前年と現在の中3の生徒数はその前後に比べて多くなっているが、長期的には少子化傾向が続く見通し」としている。
 最終の2次調査は2023年1月10日現在でまとめ、同25日に発表する。県立校の特別入試は2023年2月8、9日、一般入試は3月8、9日。追試は病気欠席者らを対象に同16日に行うほか、新型コロナウイルス感染者のために同24日にも再度の機会を設けている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG