注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

市総合福祉会館 第16回「岡山県川柳大会」

イベント
         

第16回「岡山県川柳大会」(県川柳協会、県文化連盟など主催)が11日、山北の市総合福祉会館で開かれ、県内外から集まった愛好家ら88人が句作に挑戦し、出来栄えを競った。
 同大会は美作、備前、備中の3地区が年ごとに持ち回って開催している。
 今回は、「出口」「金庫」といった6つの兼題に加え、当日は特別席題として「まつり」が与えられ、1人が1つの兼題に対して1〜2句(特別席題は1句)を投句した。その後、事前に募った142句と県内の小中学校13校の児童・生徒から寄せられた610句を合わせて、県川柳協会会長ら選者が秀句を選んで発表した。
 主な最優秀(天位)は次の通り。(敬称略)
【一般の部】▽出口=麗しい出口となった老母の葬(久米南町、杉山静)▽金庫=耐火金庫に臍(へそ)の緒と母子手帳(鳥取県、新家完司)▽残る=足跡が残る真直(まっすぐ)歩かねば(真庭市、石原英幸)▽飴(あめ)=十円でチャイナマーブル十一個(津山市、上原美佐子)▽疑う=疑えば金メダルまで錆(さ)びてくる(久米南町、長谷川紫光)▽魚=冷凍魚裂けばロシアが転げ出る(兵庫県、濱邉稲佐岳)▽まつり=初体験しましたフェスティバルの夜(久米南町、長谷川紫光)
 【ジュニアの部】▽テレビ=テレビにはぐうたらおばけひそんでる(真庭市遷喬小5年・渡野愛梨)▽わくわく=帰り道はずむ気持ちがスキップに(久米南中3年・片山歩実)

熟考して作り上げた作品を投句する参加者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG
error: この記事はコピー禁止です。