注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

愛染寺、「千手千眼観世音菩薩」の33年ぶりの開帳

祭事・神事・法要 愛染寺、「千手千眼観世音菩薩」の33年ぶりの開帳
         

  西寺町の愛染寺(豊福晃正住職)で11日、「千手千眼観世音菩薩」の33年ぶりの開帳が行われ、一目見ようと多くの檀信徒らが参列した。
 本尊の高さは約1㍍。江戸初期の作品とされ、約100本の手に如意宝珠などを持っている。33年ごとに開帳するのは観音が33の異なる姿をもつことに由来する。
 当初は5月に行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて延期していた。
 導師の高野山・大圓院(和歌山県)の藤田光寛上綱ら36人の僧侶は、花に見立てた護符「散華」をまきながら境内を歩いた。本堂では、僧侶が開扉された本尊の周囲を回りながら読経するなど、「中曲理趣三昧大法要」を執り行った。
 本尊と縁を結び御加護を得ようと、参拝者は本尊の手と大塔婆を結ぶ5色の紐に触れて拝んだ。
 一般参加の政岡玄さん(43)=院庄=は「仏教に興味があって来た。貴重な行事に参加できてうれしい。本尊は厳かな雰囲気があって目が覚めるような感じがした」と話した。


執り行われた法要


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG