注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

新たな幼児教育の拠点 星のこども園完成 2階テラスを含め「園庭」に/岡山・真庭市

教育・保育・学校 真庭市初となる民間認定こども園・星のこども園=岡山県真庭市で
真庭市初となる民間認定こども園・星のこども園=岡山県真庭市で
         

 岡山県真庭市初となる民間認定こども園・星のこども園の竣工式が25日、同市久世の同園で開かれ、地域の新たな幼児教育の拠点施設完成を祝った。4月1日に開園する。

 北町公園内敷地内に開園した。鉄骨2階延べ床面積1114.38平方メートル。「保育士が楽しく、働きやすい」をテーマに設計した。視認性に配慮された、明るく風通しの良い保育室で、ランチルームからは厨房が見えるようにしている。2階テラスから滑り台で園庭に降りたり、スロープで上がったりすることができたりと、2階テラスを含め「園庭」としている。

 対象は6カ月から5歳までで、3歳から5歳までは異年齢保育。定員122人。

 式は関係者約30人が出席して神事が執り行われた。稲田勝信園長(45)が「子どもたちが最初に接する社会。理念は、自分で考え、行動する人間力を育てるを掲げている。地域に根差した運営をしていきたい」とあいさつ。加藤勝信衆議院議員、河野慶治県議会議員、太田昇真庭市長ら来賓が祝辞を述べた。

あいさつする稲田園長
あいさつする稲田園長


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG