注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

”珈琲”をテーマにマルシェ 「当て字」考えた洋学者のまちで 食や本、雑貨に映画など/岡山・津山市

歴史・文化 イベントへの参加を呼びかけるスタッフ
イベントへの参加を呼びかけるスタッフ
         

 岡山県津山市山下の津山城下にある広場(津山国際ホテル跡)で18、19日、マルシェイベント「珈琲と、〇〇〇(エトセトラ)Wonder-full days」(津山まちじゅう博物館コンソーシアム主催)が開かれる。

 県北部に位置する津山市は、森忠政が築城した津山城を中心に城下町として栄え、 その津山藩医で洋学者でもあった宇田川榕菴は幕末の頃、西洋からもたらされた医学や化学などの翻訳を行い、「酸素」「水素」などそれまで日本になかった言葉を生み出した。

 「珈琲」の漢字もオランダ語のkoffieに、ただ漢字をあてただけではなく、「珈」は女性の髪につける玉飾り、「琲」は玉飾りの紐の意味があり、枝に連なる真っ赤なコーヒーの実も表している。

 今回のイベントでは、この榕菴が考案した「珈琲」をテーマに、岡山県内のロースタリーが出店するほか、食や本、クラフト、雑貨の店が並び、映画の野外上映、オリジナルチューリップハット作りのワークショップなどが企画されている。。

 主催のコンソーシアムでは、まち全体を「屋根のない博物館」として捉え、点在する歴史や文化、自然、伝統、芸術などを未来に引き継いでいくことを目指す「津山まちじゅう博物館構想」をもとに今後も活動を行う。

 18日は午前11時~午後8時、19日は午前10時~午後4時。問い合わせは津山市歴史まちづくり推進室(0868-32-7000)

ホテル解体直後、城下から一望できるようになった津山城跡南西側のイベント会場=2020年1月頃
ホテル解体直後、城下から一望できるようになった津山城跡南西側のイベント会場=2020年1月頃
「珈琲と、〇〇〇」の告知チラシ
「珈琲と、〇〇〇」の告知チラシ


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG