注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

最新鋭戦車 日本原駐屯地に配備 ”部隊マーク”描く入魂式/岡山・奈義町

総合 日本原駐屯地に新たに配備された16式の入魂式
日本原駐屯地に新たに配備された16式の入魂式
         

 陸上自衛隊の最新鋭・16式機動戦闘車が岡山県勝田郡奈義町の日本原駐屯地に配備され8日、車体に部隊マークを描き込む入魂式が行われた。16式の県内の配備は初めて。

 16式は三菱重工製、105ミリ砲を搭載した8輪の装甲車。全長8.45メートル、全幅2.98メートル、全高2.87メートル、重量約26トン。さまざまな事態へ迅速に対応するため、公道での高い走行性を有し、輸送機での空輸も可能。

 式は整備工場であり、第13戦車中隊員50人が整列するなか、25人の来賓が参列。原泰中隊長が「ここに入れる魂とは、我が国の平和と独立を守り、国民の負託にこたえる、不退転の覚悟」と式辞を述べた。4人の小隊長がタイヤに清酒をかけてお清め。德永勝彦第13旅団長が部隊マークに朱色の最後の一塗りをして魂を注入した。

 16式は、来年3月をもって退役する、半世紀にわたり現役を務めてきた74式戦車の後継として全国で配備が進んでいる。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG