注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

有事の際は被災地に コンテナホテル完成 「地域に根差すこと目指す」/岡山・勝央町

経済・産業 「HOTEL R9 The Yard勝央」の外観
「HOTEL R9 The Yard勝央」の外観
         

 コンテナホテル「HOTEL R9 The Yard勝央」が10日、岡山県勝央町黒土の国道179号沿いにオープンする。コンテナ建築やホテル事業を手掛けるデベロップ=千葉県市川市=が岡山県内では津山市内に次いで設置し、災害時には避難施設として移設できる。

 敷地内(約2800平方メートル)に遮音性や快適性を確保した客室42室、フロント棟、自販機・ランドリー棟を配置。美作岡山道路・勝央ICに近く、ビジネスや観光などでの利用を見込むという。有事にはトレーラーで被災地にけん引して活用でき、同社と勝央町が6日、「レスキューホテルの出動に係る災害協定」を締結した。

 同社企画・情報システム部では「津山の店舗とも連携して地域に根差したホテルを目指し、有事の要請にも応じていきたい」としている。宿泊料金はダブルルーム(36室)1人6200円~、2人8700円~、ツインルーム(6室)1人6200円~、2人9700円~。


 同社は2007年創業。資本金18億1198万円、年商109億6400万円(2023年1月期)。勝央を含めて全国に70店舗を展開し、従業員数約1300人(10月末現在)。
 問い合わせは、同ホテル(0868-32-8352)。

コンテナホテルの室内
コンテナホテルの室内


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG