注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

”木製地球儀”がお披露目 来春「全国植樹祭」を前に 県内を巡回中/岡山

自然 全国植樹祭のシンボルの木製地球儀
全国植樹祭のシンボルの木製地球儀
         

 来春岡山県で開催される第74回「全国植樹祭」を前に、大会シンボル「木製地球儀」が県内の市町村を巡回している。1日に津山市役所1階市民ロビーでお披露目され、来庁者の目を引いている。7日まで展示予定。

 地球儀はヒノキなど3種類の木材でできており、高さ60センチ、重さ14・7キロ。森林や林業の大切さをアピールしようと、2001年の山梨大会で製作され、その後も開催地に引き継がれてきた。このほか、27市町村の木製ブロックをはめ込むパネルなども並ぶ。

 この日、セレモニーが開かれ、中山均美作県民局長が市役所を訪問。市職員が見守る中、谷口圭三市長に地球儀を受け渡した。谷口市長は「市民のみなさんが森林の大切さや持続可能な社会について考える契機にしてほしい」とあいさつした。

 地球儀は、8月4日に真庭市で行われた出発式を皮切りに、来年3月まで約8カ月かけて県内をまわる。 


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG