注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

柵原西小学校児童がキャラ作る

教育・保育・学校 柵原西小学校児童がキャラ作る
柵原西小学校児童がキャラ作る
         

 柵原西小(美咲町小瀬)の6年生が、同町柵原地域の活性化につなげようとご当地キャラクターを作成し、4日、PR用のグッズを製作するために募金活動を始めた。
 キャラクターは、学区内にある月の輪古墳を頭に、地域特産のブドウや黄ニラを手のひらに描いた黄色の「ツキノワ古グマ」。年齢は人間でいうと6歳、将来の夢は「立派な古墳になること」、口癖は「やなはらにきんちゃい」といったキャラ設定も考えた。
 直径10?の丸いステッカーを作って地元の商店や企業に貼ってもらうことを計画。周辺の郵便局やコンビニなど15カ所ほどに手作りの募金箱を設置し、5万円を集めることを目標にしている。
 4日は、井上颯樹君(12)と脇茉緒さん(11)が柵原大戸郵便局(同町大戸下)などを訪問。2人は「柵原の歴史や文化を、地域をはじめ世界の人たちに発信したい」と話していた。
 総合学習の授業の中で地域活性化のアイデアを出し合った。柵原ふれあい鉱山公園などを紹介したポスターや約3分のムービーも制作した。
P①
柵原西小6年生が作成したご当地キャラの「ツキノワ古グマ」

P②
グッズ化に向けて募金を呼びかける児童


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG