注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

森藩時代を語る会森忠政法要/岡山・津山市

歴史・文化 森藩時代を語る会森忠政法要
         

 津山藩初代藩主・森忠政(1570〜1634)の命日の7日、森家にゆかりがある岡山県津山市戸川町の妙願寺で387年忌法要が営まれ、参列者が遺徳をしのんだ。
 森藩時代を語る会(髙山科子会長)が主催。今年は新型コロナウイルス感染防止のため少人数で行った。
 森嵩正住職(88)の代理として娘の尚美さん(62)が読経し、役員ら9人が焼香。髙山会長は「豪雨や新型コロナウイルス感染が懸念される中でも、祖先や家族を敬う心、忠政公の意思を受け継ぐことが津山の発展につながる。」と話した。
 法要に先立って森住職の講話があり、歌舞伎の始祖で出雲の阿国の夫・名古屋山三郎のことなどを語った。
 同寺は、美濃金山城(現岐阜県)城主だった森忠政が、津山に入封後の元和3年(1617年)、美濃金山に妙願寺を建てた母・妙向尼を弔うために現在の地に移した。

写真
焼香する参列者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG