注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

水車が回る田園風景が幼い頃の記憶を呼び覚ましてくれる 二十四節気「芒種」(ぼうしゅ)/岡山・津山市

二十四節気 中島地区を流れる嵯峨用水の水揚げ水車
中島地区を流れる嵯峨用水の水揚げ水車
         

 6月6日は二十四節気の「芒種」(ぼうしゅ)。稲や麦など穂の出る穀物の種をまくころとされる。岡山県津山市内の田植えはほぼ終わり、日が暮れるとカエルの合唱がこだましている。

 岡山県津山市中島地区を流れる嵯峨用水では、長い間水車を守り続けてきた坂本藤四郎さんの遺志を引き継いだ農業・山根節夫さんの昔ながらの「水揚げ水車」が回り始めた。8本の管がテンポよく田に水を注ぎ込み、しぶきとともに心地よい音を響かせている。

 付近を歩いていた70代男性は「田園のそばで水車が回る姿は風情があり、幼いころの情景が浮かぶようだ」と話した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG