注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山市内の放課後児童クラブで着服発覚

事件・事故
         

 岡山県津山市内の小学校の放課後児童クラブの会計担当者が、保護者から集めた運営費用約200万円を着服していたことが2日、分かった。会計担当者はすでに全額を返還した。再発防止に向け、会計のチェック体制の強化を図るとしている。
 着服が発覚した放課後児童クラブは、市が設置して保護者に運営を委託。関係者によると、会計担当者は、昨年秋から今年春ごろにかけ、保護者が月々支払う利用料を着服していた。「生活費などに充てた」と説明していたという。退会した上で今年7月に全額を返したとして、警察に被害届は提出しない意向という。
 市は、放課後児童クラブでは会計を複数人で行うこととしており、チェックの機会を増やすことを含め、体制の強化を指導。従来の研修会などの場で啓発を図るとしている。
 市内では現在、放課後児童クラブが小学校区、全学区対応を合わせて27カ所あり、保護者は、利用料として毎月5000〜1万5000円程度を負担している。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG