注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

清眼寺ボタン

自然 清眼寺ボタン
         

 岡山県津山市内の2寺院でボタンが見ごろを迎え、参拝者が優雅な花の姿を楽しんでいる。
 「ぼたん寺」として知られる院庄の清眼寺では早咲きのボタンが花盛り。栽培している約100種、約300株のうち、ピンクの「獅子頭」や赤い「芳紀」などが咲きそろい、静かな境内を華やかに彩っている。開花は例年より10日ほど早く、次の土日には最盛期を迎えそうという。ボタンの後は約50株のシャクヤクも咲き始める。
 真庭市から訪れた60〜70代の女性4人は「コロナで大変な世の中なので、花を眺めていると癒やされる」と話した。
 29日には住職の退山・晋山式が行われる。午前9時から稚児行列と練り供養、9時半から式がある。
 また5月3日午前10時から筆供養を行う。


優雅なボタンを愛(め)でる参拝者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG