注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

皆木佽耿さん「美作国 (岡山県北部) 中世史の探訪」自費出版

歴史・文化 本紙に連載された原稿をまとめた『美作国(岡山県北部) 中世史の探訪』
本紙に連載された原稿をまとめた『美作国(岡山県北部) 中世史の探訪』
         

 美作郷土史家・皆木佽耿さん(77)=東広島市=が、本紙随想欄で連載した原稿をまとめた『美作国(岡山県北部) 中世史の探訪』を自費出版した。「喜寿の記念につくった。コロナ禍で津山へ行けないので、ご希望の方はご一報を」としている。
 2013年4月から21年11月までに掲載された19編を収録。「中世・美作の仏師たち」「美作国・古寺探訪」「中世の美作国の偉人たち」「皆木の地名探しの旅」「正宗神社・刀と信仰」「再考 草苅家文書」―など。
 20年3月23日掲載の「草苅景継が将軍・足利義昭に献上した太刀」は、矢筈城跡保存会の会報「矢筈山」に掲載。またエッセイ「史料から観る岩屋城の攻防戦」が会報「美作の山城」に掲載された縁で津山のFM局に出演し、医王山を登ったことをつづった「初めての経験と山城探訪」は20年11月27日掲載。
 皆木さんは「郷土史家の使命は伝えること。随想は研究誌用ではないが、情報伝達の役目を果たしてくれた。随想を通して多くの歴友ができ、ご教示をいただき感謝している」と話している。
 皆木さんは美作国域の歴史を約30年にわたり研究。祖父母が奈義町出身で、美作地域の史跡をたびたび訪れ、地元の郷土史家らと交流を深めている。著作は『倭文地区の中世3 賀茂別雷神社倭文庄関係文書を読み解く』など多数。
 本はA4判25ページ、津山朝日新聞社で印刷。
 皆木さんは希望者に本書を進呈している(送料210円)。〒739―0022 広島県東広島市西条町上三永1795 電話・FAX(082―426―2208)。
写真
本紙に連載された原稿をまとめた『美作国(岡山県北部) 中世史の探訪』


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG