注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

盆栽の第16回「白露展」

イベント 盆栽の第16回「白露展」
         

 盆栽の第16回「白露展」が沼のくらやアートホールで開かれ、秋の趣漂う鉢植えが来館者の目を楽しませている。13日まで。
 市内の愛好家でつくる茶の実会(大森博文会長)の7人が、丹精込めて育てた中から17鉢を展示。
 たわわに実をつけたゴンズイやサンザシ、マユミ、ミツバアケビ、風格ある幹の真柏、赤松などが目を引き、懸崖造りのツリバナも野趣を醸す。さらに観音菩薩や修行僧を連想させる水石もあり、風流な墨絵の軸が盆栽を一層引き立てている。このほか格安の苗木の即売コーナーが人気。
 小田中の女性(73)は「秋らしい鉢もさることながら、樹齢300年という真柏も素晴らしい」。
 大森会長(74)=大谷=は「季節を先取りして床の間などに飾る本来のしつらえや、趣向飾りを多くの方にめでてほしい」と話している。

秋らしい盆栽に見入る来場者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG