注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

県北一のアマチュアの棋士(囲碁)を決める第38期美作本因坊戦の挑戦者決定戦(津山朝日新聞社主催、津山囲碁協会主管)が3開かれる/岡山・津山市

イベント 県北一のアマチュアの棋士(囲碁)を決める第38期美作本因坊戦の挑戦者決定戦(津山朝日新聞社主催、津山囲碁協会主管)が3開かれる
         

 県北一のアマチュアの棋士(囲碁)を決める第38期美作本因坊戦の挑戦者決定戦(津山朝日新聞社主催、津山囲碁協会主管)が30日、西苫田公民館=岡山県津山市=で開かれた。熱戦の結果、大東邦雄七段(70)が権利を獲得。9月6日の三番勝負で池田晃一美作本因坊(77)と対戦する。
 美作囲碁界きっての強豪14人が出場。トーナメント戦で、持ち時間50分で行った。机には新型コロナウイルス感染症対策用パーテーションを設置した。会場内は碁石を打つ音が静かに響き、真剣勝負が繰り広げられた。準決勝には政岡周作七段と山本博市六段、大東七段、江原憲行七段が勝ち上がった。
 決勝は大東七段と政岡七段(73)が対局。白番の大東七段が利かしを多用し、地で先行した。AI手法的な中央へのスピードを持って、厚く打ち進めた。終局は盤面で13目勝ちの結果となった。
 通算5期、2017、2018年と2期連続で美作本因坊を獲得している大東七段は昨年、池田本因坊に敗れてタイトルを失っている。大東七段は「前回の池田さんとの碁は、内容は悪くなかった。気を引き締めてリベンジしたい」と話した。
 大東七段と政岡七段を除く上位入賞者は次の通り。
 ▽③江原憲行七段④山本博市六段⑤宮脇章六段⑥足立俊幸六段⑦池田正人六段⑧樋口千城六段
写真
14人が熱戦を繰り広げたトーナメント戦

美作本因坊タイトルの挑戦権を獲得した大東七段


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG