注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

県北の代表する古墳群 特徴や出土品をパンフに 文化財センターが刊行/岡山・津山市

歴史・文化
県古代吉備文化財センターが刊行したパンフレット「美作・佐良山の古墳」
         

 岡山県古代吉備文化財センター(同県岡山市)は、県北部を代表する津山市の佐良山古墳群を紹介するパンフレット「美作・佐良山の古墳」を刊行した。

 同古墳群は古墳時代後期(6〜7世紀前半)を中心に造られた群集墳。吉井川支流の皿川の両岸丘陵に170基を超える古墳があり、全国的にも知られる。パンフレットでは中宮古墳群(市史跡)、桑山古墳群、桑山南古墳群、細畝古墳群など11カ所の古墳(群)を紹介。位置や特徴、規模、構造、出土品などを解説している。

 A4判、カラー12㌻。3000部作製。同センターや県内の埋蔵文化財施設で無料配布している。郵送(要送料)についてはセンターに問い合わせる。センターホームページからも閲覧可能。

 問い合わせは、同センター(☎086―293―3211)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG