注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

県教委、2021年度県立高校入試の募集定員を発表

教育・保育・学校
         

 県教委は16日、2021年度県立高校入試の募集定員を発表した。全日制50校の総定員数は今春より260人少ない1万1020人で、5年連続の減少。各地域の少子化を受け、7校で削減している。
 美作地方の学校で変更されたのは、勝間田の総合学科が20人減の120人、岡山御津が40人減の120人。
 日程は、特別入試が来年2月9日に学力検査、同日と10日に面接や各校独自の選考を実施。一般入試は3月9日に学力検査、10日に面接などを行う。
 来春の県内中学校の卒業見込み者は今春より514人少ない1万6763人と推計。県教委高校教育課は一般入試の出願率について、1・06倍だった20年度並みになると見込んでいる。
 美作地方9校の募集定員は次の通り。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG