注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

秋がもうそこまで 二十四節気「白露」かわいらしいワレモコウが心を癒やす/岡山・津山市

二十四節気 田んぼのあぜに咲くワレモコウ=岡山県津山市総社で
田んぼのあぜに咲くワレモコウ=岡山県津山市総社で
         

 今日は二十四節気の「白露」。朝露が草花につき始めるころとされる。しばらく暑い日が続くが、徐々に秋の気配が深まっていく。

 稲刈りシーズンを迎え、黄金色に染まる岡山県津山市の田んぼのあぜで、濃紅色のかれんなワレモコウが、秋の訪れを告げている。そばで作業を進めている石田宣明さん(83)=同=は「かわいらしくて見ていて癒やされる。稲を刈ってもこの花は刈らずに大事にしたい」と話していた。

 中秋の名月に供えられることも多いワレモコウ。今年は29日にあたり、月光に照らされた花穂をめでるのも良い。

秋の晴天とワレモコウ=岡山県津山市総社で
秋の晴天とワレモコウ=岡山県津山市総社で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG