注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

第91回「津山地区メーデー」開催

経済・産業 第91回「津山地区メーデー」開催
         

 第91回「津山地区メーデー」(美作地区平和・人権・環境労組会義主催)が1日、伏見町の吉井川河川敷で開かれた。7団体50人の労働組合員らが参加し、雇用安定や生活、福祉の向上を図るため宣言を採択した。
 新型コロナウイルスの影響により昨年は中止し、2年ぶりの開催。土居靖浩議長が「子どもたちの未来のためにも、互いに協力して知恵を出し、働きやすい社会の実現のため声を上げていこう」とあいさつ。脱原発や軍縮と平和を訴えた特別決議の後、代表者が「働く人たちの一層の連帯を確認し課題解決に向けて取り組む」と宣言した。
 このほか、職場の環境改善といった訴えを書いたプラカードの選評が行われ、優秀作品には津山市職員労働組合青年女性部の「No more!サービス残業」が選ばれた。都井秋人部長は「サービスとは相手に強要するものではない。残業をなくすように自主的に助け合える職場環境になれば良い」と話した。

訴えに耳を傾ける参加者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG