注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

約4年ぶり「ノーマスク」で謡曲 修練の成果を発表/岡山・津山市

歴史・文化
マスクを外し、素謡を披露する会員=岡山県津山市川崎で
         

 「第205回三声会春季謡曲大会」が2日、岡山県津山市川崎の津山東公民館で開かれ、会員25人が日頃修練した素謡などを発表した。


 出演者は約4年ぶりにマスクを外して「半蔀」「東北」「富士太鼓」といった能の演目を朗々と謡い上げたほか、仕舞「羽衣」「頼政」を披露。それぞれ研さんを積んだ成果を鑑賞し合った。


 同会は県北で活動する謡曲3流派の津山喜多会、津山宝生会、美作観世会で構成。毎年春と秋に大会を開いており、今回は津山宝生会が当番となって実施した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG